1x2x3
極小住宅1X2X3
Presentation board in A2
1を3.6m 間口
2を7.2m 奥行き
3を10.8m 高さ
7.8坪の家とした時にできる個人住宅の提案。
極小住宅の分類に入る規模のもである。

1964年の東京オリンピックの時に道路の幅が変わり、余った土地が多く生まれた。国外でこれらは「日本の建築」とされていて、賛否両論である。実際これを解いて見ると如何に無駄なものを削り、なにを優先するかということでデザインは大きく変わっていく。つまり、普通に考えていては解けないということになる。

コンセプト
‐成長する子供、住宅、家族-
子供の成長と共に子供と親との距離は変化する。この距離と共に住宅のあり方も変わりえるものであるとして今回の住宅を解いた。幼少期、思春期、成人の大まかに3タイプで考え、さらには祖父母の老後にも対応できるようにあらかじめ住宅の設定を行い、子供が親元を離れたときにビジネスも行えるように設定を行った。

補足
駐車場は前面道路が幅5.5m以上であることを想定したものである。
| time 07:29 | comments(0) |

鶴の階段
ツルの階段

crane stairs

鶴の階段

Although I designed this spiral stair few years ago, I'd like to shoot it out to public.
数年前にデザインしたものですが保存を兼ねてアップ。
| time 01:12 | comments(0) |

新 National 競技場


http://www.jpnsport.com/en/
日本のコンペに勝ちました。
かけることは限られているのであったときにでも話せればと思います。
ある日友人に知らされ、別のコンペと掛け持ちしながら挑みました。

少しずつ東京に行くことが増えると思います。
| time 05:14 | comments(0) |

fork lamp shade

bottom view

side view
by Ben Kikkawa

lamp shade design.
plastic forks and knife.

you will need a lot of forks. no glue nor wire. it will kill the transparency if you do. keep it simple but random.

前に作ったのを改良してみました。自由に宙を舞う白鳥と黒鳥をイメージ。
写真が実物に負けちゃってる。
| time 21:25 | comments(0) |

[publication] sucker punch - Post Parametricism
逗子 赤い糸 丸久
Deviation from Parametricism

Concept
Parametricism is a style of design now a days in the architectural world and now rapidly booming not only in the design field. The style of any formation always has an expirationdate. This instalation was about what comes after Parametricism. A post-parametricism is an deconstructed matter of a computational parametric design. In nature there are set of parameters that will deveate or deconstructs the well contiueated sequence.
The white cloth was done by me and the red strings were done by the participants at the installation. Before the red strings were webbed there were nails hammered to the wall. The nails were patterned in a mathematical parametric logic. The participants were not told about the parametrical patterned nails but free to web the red strings as much as they wished. It was an experimental installation to see how the logic will be deconstructed by the participants to a different morphological space.the valueOne of the highest value in this installation were the participants. They were the one who created the space with their existence and literally brought new detention to the space with the red strings that was provided. Through a high respect to them the space was capturing a new space every moment. thank you to peacenic Markyu and all the participants
| time 14:20 | comments(0) |






About



Category
Archives
Link