コンペ一等!
The competition I have been doing in the begining of this year has been chosen as the First Prize Winning design.
Site : China
Program : Theater, Museum, Buisness Towers...
Competitiors : Bernard Tchumi, MVRDV (Invitation Competition)
The project will start from an year from now.

Id like to post the image and rendering but it is told to be prohibited.
I will update it here when it is possible.
年始にやっていたものが一等に選ばれました。
本当はいろいろ載せたいのですが
まだどこにも報道されていないので文章でしか報告できません。
プロジェクト開始は一年以上先です。

いい報告以外は避けようとしていたら随分時間がたってしまいました。
| time 08:27 | comments(9) |

Comment
おめでとう!

ぶち
buchi | 2011/06/14 9:56 AM
おめでとう!!題名がコンペイトウに見えてしょうがないよー笑
wasshi | 2011/06/14 11:32 AM
やりましたね!おめでとうございます!
raybun | 2011/06/14 7:10 PM
うまいね~
taiga | 2011/06/15 1:10 AM
nice!
komine | 2011/06/16 12:47 AM
おぉ、やったっすね〜
おめでとうございます!
僕も頑張ります
kazu | 2011/06/16 7:56 AM
とても刺激になる記事。
にしちゃん | 2011/06/18 9:26 AM
皆さん
コメントありがとうございます。

補足をしておきます
専門的な内容になるので興味ある方だけ読んでください。
今回のものは中国のマスタープランです。
固有のドライバーからくるパラメーターによるパラメトリックなアウトプットで本来は全てのデザインを決定するのがこの事務所の売りなのに、それではないプリミティブな方法によるデザインです。コンペに勝ってもやりたいことがここですらできないのは変な感覚です。

スクリプトやグラスホッパーを使えばパラメトリックだという勘違いをしている人がこの事務所ですら多いです。事務所のやろうとしているパラメトリック建築を理解している人が少ない気がします。
パラメトリック建築とは日本の大学で学んだ理論的な解放が非常につながり得るものです。

ここで通らなかったものを僕は別のマスタープランで提案したいと考えています。インドのものなので数式に強い彼らを通して説得すれば世界につながり得るものです。また僕ら設計者が設定したパラメーターをどう自ら破壊するかというところが今後の課題になると思います。
個展でやっていたことはポストパラメシズムの一例です。
ben | 2011/06/20 8:17 AM
凄い!
rika | 2011/07/27 10:48 AM














About



Category
Archives
Link