SJ

Drawing done by Ben Kikkawa with i-phone


hey Ben, it's odd that you're using windows instead of mac. 
ya, i get that all the time. but I used to use macintosh long time ago.

- 20years ago, when I was still a kid.
we had Apple 2 at our house.
one day I asked my father about it
"so... what are you always doing with this box every weekend? what is it to it?"
"it's a computer."
"a what?"
after all the long story he had to say, we had a tournament of tetris and invader game with my sisters.
After a while, when I got used to logging in with it, I remember I was saying
"can't we have a better way of logging in and all this waiting? I can't believe everyone is doing this in front of this black image and typing in the same thing every single time. " 
"Im sure it will get better in the near future."
"even when you're moving from left to right. punching all this arrows forever... "
this was few years before Nintendo was out.

- 15years ago, when I was in middle school
"hey dad! are you using this macintosh anymore?"
"do you want it?"
"ya, if you're not using it I'll take it."
"what do you want to do with it?"
"umm. what can you do with this?"
that line made my Sunday to a "lecture of macintosh day".
programing
polygon modeling
MIDI composing
excel
WWW with all that noise from the router.
from all that, I was interested with MIDI composing. it was easier than learning bunch of instrument for a full orchestra.
After a while my questions were getting too complicated for my father to answer.
Since I was in a band that time I asked my teacher about it.
"do you happen to know what a MIDI composing is?"
"oh ya, the piece I gave you the other day was done with MIDI."
"cool! I've started doing it and some parts that I have no clue about."
"what!? you're doing MIDI already? I'm surprised!"
my friend who was my drum rival was there as well with a question mark.
"hey ben, what the hell is MIDI?"
he came to my house the next weekend and said that he has a computer at home as well.
"dad! is it possible to give a software to a friend and copy it?"
"NO!! you're not allowed to do that!"
"so it's not impossible..."
"you can in theory, but NO!"
"well it doesnt seem like you always have to insert the software all the time like Nintendo. once it's in there it fine right?"
I didnt have the guts not to give this treasure to a good rival and knew he will do it in an interesting way, which was my other treasure.
next day monday morning
"hey, it seems like you can put this software in your computer. "
that night
"where's that software box!? Ben. what you are doing is illegal!!!"
"wtf..."
after few months, we had some couple other friends joining the MIDI gangs and ended up asking our band teacher to rearrange the piece we were working on. Handing him couple stacks of CDs and floppies. 
"if we keep on rearranging our cords and sessions, we will end up not being able to practice!!" 
I remember he had one of the best smile on him in front of the monitor that time.
at the end of the year I remember he said our year was always unpredictable and fun to challenge to the limit of music together.

- 10years ago
my university entrance exam "war" was over. 
"hey dad! I want a computer."
"do you have money?"
"ya, I've got a grand here"
"pack your stuffs. we're going to Akihabara."
no questions. that Sunday was a tour around Akihabara. ending up with a laptop on the way back.
"you're a hard core geek dad. you've seem to know everything about this place. I wouldn't be surprised if you weren't married."
But came back with a story of Steve Jobs.
Photoshop 3.0 i think...
that was the first thing I had in my computer. ya, no big deal. just draw and sketch in the computer. learning CAD in school and getting deep into HTML. I instinctually knew the day will come when everyone will have their site and exchanging their works. this was before blogs and SNS started without Homepage Builder. I was wrong. Myspace started along and there was no need for all that coding anymore.

- 4years ago
i was in LA.
one of the top architecture schools of digital architecture. bunch of guys like me, hackers and all the talented people who were all beyond my mind. not a single person from LA and all around the world. I was proud. I was excited to see everyone's ideas and challenging spirit. 

- few days ago
when most of the time our walls on SNS medias, it is always bunch of random topics and bunch of confusion, that day was clear and stylish. everyone was talking about him. Steve Jobs. my sister, far away from a geek, has sent me and the family his speech at Stanford Graduation. my father had a long reply when most of the time he doesn't reply. I replied another long line as well, when most of the time I tend to only skim through the family mail.

connecting the dots where things started from Apple2 to today. 
sometimes we get hit with a brick in the head.
changing the life style of one with an idea.
stay hungry. stay foolish.
stay hungry. stay foolish.

RIP Steve Jobs
「べんってWindows使ってるんだね。なんかMac使ってるイメージだけど意外だね。」
「あー。昔使ってたよ。でもWindowsのほうが安いからね。」

‐さかのぼること20年前
うちにはApple�があった。
父のものだった。
知的好奇心の塊である父のお下がりを僕ら姉弟はそれで遊んでいた。
「ねーこれって何?いつも週末これで何してるの?」
「あー。これはパソコンだよ。」
「パソ???」
そしていろいろと説明を受けるうちにいつの間にかインベーダーとテトリスのトーナメントが争われていた。
薄いフロッピーを入れ替えていたのを思い出す。
すっかり慣れるころ父にこんなことを言ったのをよくおぼえている。
「ねー。この始まるときの時間って何とかならないの?黒いし、毎回同じ文字入れなきゃいけないし。みんなこうやって待ってるの?」
「そうだね。いつかもっと簡単になるだろうね。」
「この矢印で動かなきゃいけないのも面倒だね。もっと楽なやり方あるはずだよ。」
ファミコンが出てくる数年前の事だった。

‐さかのぼること15年前
「ねー。このMachintoshもう使ってないんだよね?」
「ん?ほしいの?」
「使ってないならほしい。」
「なんでまたこれがいいんだ?」
「黒いしかっこいい」
「これで何がしたいんだ?」
「何って何ができるの?」
その一言でその日曜はすべて持ってかれた。
プログラミングの話
Midiの打ち込みの話
ポリゴンの話
その中で僕はMidiに興味を示した。気が付けば父には答えられない質問を投げかけていた。
中学の部活の顧問に聞いた。
「先生MIDIって知ってます?」
「おー。やってるよー。この前渡した譜面は俺が作ったやつだ(誇)。」
「僕も最近やってるんですよね。」
「そーーかーー!お前さんMIDIやってるのかー。驚いたなー。」
「いろいろよくわかんないんですけど、パンポットってなんですか?」
とまーMIDI仲間が増えていく。
そして当時ドラムのライバルであり仲のよかったH君は横にいた。
「べん。MIDIって何?」
「パソコンで音楽作るんだよ。だから何?っていう人もいるけど...今度うち来たら見せてあげるよ。」
彼の家にもパソコンがあると言って帰って行った。父に相談した。
ねー、このソフトって友達に渡したら友達もできるもんなの?
「ダメだ!!!そんなことしたらダメだ!!」
「でも原理的にはできるんだよね?」
「できなくはないけど、いかん!!」
といろいろ言われたがライバルであり友であったこの手柄を渡さずにのほほんとしてられるタマじゃなかった。
翌日学校で
「何だかよくわからないけどできるっぽいよ。」
その晩
「あのMIDIソフトがないぞ!おい!べんがやってることは違法だぞ!」
「え...」
その年の学園祭の演奏で僕らはいろいろと先生に編曲を依頼する変な学年だった。
このCDのこの小説を増やしたいです。
こんな編曲をしたんですけどやりませんか?
CDとフロッピーを大量に先生にわたしていた。僕とH君とY君とで先生を説得していた。
「こんなことをしていたら練習ができないじゃないか!」
あの時の先生は本当にうれしそうだった。


‐さかのぼること10年前
僕の受験戦争は終わった。
父に言った。
「パソコンがほしいんだけど何買えばいいの?」
「金はあんのか?」
「10万あるよ。ほら。」
「秋葉原に行こう!」
即決だった。
なんだかわからないままラップトップを購入していた。
そして最初に開いたソフト
Photoshop3.0(確か...)
パソコンで絵が描けるなんて帰りの電車の中で簡単に想像ついた。
自分のためたお金で買ったことを理由に何をしてもいいと心に決めていた。3年でボロボロにしてやる。と...
無駄に開けてみたり、ソフトを徹底的にきれいにしたり...
そしてHTMLにのめりこんでいった。まだBlogというものもなければSNSもなかった。
全部が手打ちでHomePageBuilderというものも出ていなかった。
きっといつの日かみんな自分のサイトを作り日記感覚になる日が来ると直感的にわかっていた。
いろいろ友達に教えたが本当にサイトを作ったのはほんの数人だった。そして数年後、SNSでことは足りていった。

-さかのぼること4年前
父の会社とMacの喧嘩の決着がつくころ、僕はロスにいた。
僕みたいなやつらがゴロゴロといた環境だった。ハッキングもできれば、3Dがもうできる奴もいれば、ちんぷんかんぷんの奴もいた。僕はコンピュータ建築の最先端の学校にいた。もし、父の会社とMacが喧嘩なんかしてなかったら、面白かっただろうに...と卒業式の時にふと思った。

‐そして先日
世界中の友人がみなSteveJobsのことをSNS上に投稿していた。もう、それはオタクなレベルではなく、それこそみんながその日はSJのことを投稿していた。オタクとは無縁の姉からStanford Graduation Speechのリンクが送られてきた。父は珍しく長いメールを返した。彼にとってSJがどういった存在であり、3番目の話の下りの真意について淡々と述べていた。僕は吉報を混ぜながら同じく珍しく長い返信をした。

彼のような人がいなかったら、世の中はずいぶん違っただろう。
ウォズニアックも25セントで別のことをやっていただろう。
彼のやったことに僕は子供のころから触れることができた。
僕と父の関係も彼によって成立していた。
アメリカなら彼のいい映画を作ってくれるだろう

Thank you Steve Jobs
| time 13:37 | comments(0) |

Comment














About



Category
Archives
Link